(1)縁起

 1994年元桐法師は竹東地区で良い地理を見つかりました。風水保護の理念により、師ア父(混元禅師)にお願いして、土地を買って、禅機山の北部道場として使う、便利北区の信者。ここは宗主より「大凡寺」で名を付けた。

      

   
 

(2)寺景色

大凡寺は新竹県芎林郷水坑村にある。敷地は3000坪あまり、ここは半来果樹園であり、その後、宗主よりここは「浮水蓮花穴」の宝地に教えられ、園中の設計は「易経庭園」の設計法則で設計された、山中隠士のように感じられた。寺の中に「老祖殿」、「薬師殿」、「薬師仏塔」、「念仏堂」で建てている。

       

   
 

(3)大安寺住持

住持元桐禅師は本寺より派任され、唯心宗宗主混元禅師の大弟子である。

   
 

(4)道場主要な  活動

1. 本寺の「念仏堂」は唯心宗易経大学第三届授業の教室である。

2. 毎年定期的に「観音菩蕯及び薬師仏仏誕祈安祝寿法会」を開く。

        

回上頁