(1)縁起

禅機山唯心宗宗主混元禅師は易経風水でみなさまに教えっている。1997年に師遵聖示により北部道場を設立しました。場所探した結果は台北県樹林市である。十方善信大徳の善心寄付と弟子の努力により、「大安寺」は19996月19日観音菩蕯の誕生日で落成起用。  

    

   
 

(2)寺景色

大安寺は台北県樹林市大安路530番10階である。敷地は900坪あまり、寺の中に「王禅老祖殿」が設立している、供奉「大羅天界鬼谷仙師王禅老祖」、「西方三聖」、「八卦祖師」、「歴代風水祖師」などの十方大如来聖神仏菩蕯。殿の前に門聯があります。内容は悪い心を持つ場合は線香をたくさん上げでもいいことはない、正しい心を持って、会っても参拝しなくでも良い。この門聯は智聖鬼谷仙師の知恵と慈悲などを現われている。まだ本寺は文物書宝流通所、寺務事務所。養賢堂・・・・・・等が設立している、信者、弟子などサビースを提供する。

      

   
 

(3)大安寺住持

住持元道法師、当家師元徳法師は本寺より派任され、元道法師、元徳法師とも禅機山唯心宗宗主混元禅師の弟子である。本寺の大型活動の担当者である。例えば1995年林口弘法大会、2000年国父記念館禅境書道展、2003年元旦林口祈求世界和平祈安大会、中国人間浄土徳基金会秘書長、中国雲夢山八卦城の開山建設担当。

    

   
 

(4)道場主要な活動

1. 本寺の「大安講堂」は唯心宗易経大学第二、五届易経風水研究班の授業教室である。

 2.   本寺毎年の夏休み時、定期的に「易経心法大専学生暑期精進班」 を開く(相手は専門学校、短大、大学などの学生)、鬼谷子の妙法を習う。

3. 毎年定期的に「観音菩蕯聖誕祈安祝寿及び不定期法会」を開く。 信者、弟子に祈福、消災を行い。

   

回上頁