(1) 縁起

混元禅師は多年以来易経風水を使って、みんさまと結縁している。みんなさまの不平安はほとんど家の環境が間違いにより発生している、と感じている。以下の理由で中国人間淨土功徳基金会を設立した。.
1. みんなさまの苦しいは見たくない。
2. 迷信を破って、風水に正名する。
3. 偏邪法を破る。
4. 千古不伝の法はみなさまに教えてあげる。
5. みなさなに平安、天下大平、の願い。
6. 利人利己、慈悲心念を広がる。


(2)宗旨

宣伝易経風水によりみんなさまは生活環境に対しての重要性理解と改善方法をり。人人平安、家家安楽を祈って、人間淨土を達成、言い換えると仏淨土の願景でる。


(3)組織

董 事 長:張益瑞
常務董事:黄順財 王錦潭 田力維 朱煜
董 事:洪玉枝 李淑婷 曾金和 廖信雄 張信雄

賴坤鳳 林仁上 劉德恩 劉明勳 李正照 胡慶霖

張倉明 魏朝聰 張安朝 陳囯瑞 林栄新

許有土林守一 楊毅城 廖崇栄
総 導 師:混元禅師
秘 書 長:元道法師
副秘書長:元徳法師
     田力維
分 会 長:台中分会 元蒙法師
     高雄分会 元合法師
支 会 長:台北総会及び台中、高雄分会、約700名あまり、増加中。


(4)基金会会務重点

1.テレビ放送の維持。

2.易経風水の先生と人才の育成。

3.愛心団より陽宅の勘察サビース。基金会会員であれば誰でも 申請出来る。

4.隔月刊紙「風水大師」を出版、会員に送る。

5.「陽宅風水学」の印贈。

6.弘法の為、録音テープ、CDなどの製作と流通。

7.各経点の印贈と流通。

8.台中道場興建の募金。


(5)支会の任務と天命

みんなさまに易経心法、風水妙法もっと深く理解してもらう為、各地区に支会を作り、各点の連結により線になって、面になって、落実広伝妙法、利益みんなさまの功徳事業。支会の任務と天命は以下のようになる。

1.        当地区の会員にサビースを提供する。新入会員の伝い。 会員と非会員の困難箇所は総会に反映させる、総会より 人を派遣して、解決する。

2.        文宣書類は会員に渡す、本会会務の伝達。

3.        本宗重大法会の時、会員に参加を誘う。

4.        会員、非会員に本寺で「浄土の旅」の祈り活動の参加を誘う。

5.        愛心団のサビース活動に合わせって、区内風水勘査必要の 方があるかとうかの調査、あれば愛心団に連絡して、愛心 団により無料サビースを受ける。

6.        選挙の活動に対して、中立の立場は保持する。支会長と会 員の間に借貸、保証人などの行為はないように。

7.        会長と護法人が出訪する時、法服と識別証は付けなければ ならない。

8.        支会長は定期的に総会の講習会を受け、その後受けた妙法は 護法と会員に教える。

9.        教えてもらったのは、全部本宗門の妙法である、それは功徳 といいます。

10.支会長の任期は一年間である、表現が良ければ、引き続きやって もらう。

11.支会長、支会護法の成績が優良及び会員から褒められ、本会の当年表揚活動の中に表揚する。


 (6)会費

(基金会功徳金)

会員は毎月功徳金新台幣100元(台湾ドル)、会費は少ないが功徳無量である。